建設業許可申請を兵庫県でするならスマイル行政書士事務所

ブログ

明日!行政書士試験当日は自己との戦いだけである

2014.6.23
行政書士試験

■明日ですね。

行政書士試験本試験ですね。

もうこの時間なので

寝る用意されてる方も多いでしょうか?

 

今日は短く。

「がんばってきてください。」

どの受験生にも

同じ時間が与えられています。

3時間。

「健闘を祈っております。」

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

◇振り返る◇

 

 

当時の記事を振り返り追記しますが、

行政書士試験に限らず本試験においては前日はとても緊張すると思います。

 

「いよいよ明日か。」というこれまで頑張ってきた勉強の日々を振り返ることもあると思い

また明日はどのように試験問題を解くのかといった期待と不安が入り交じると思います。

僕がそうでした。

 

 

 

不合格のとき

 

 

僕は不合格の時は、

前日まで図書館の学習室にこもり勉強していました。

学習室に行って勉強することが目的となっており、

合格することが第一目的なのに目的がずれていました。

 

 

 

合格したときは?

 


実際に合格した時は前日は休養にあて

当日のパフォーマンスを最大限発揮するため

脳休ませる緊張感を和らげる意味合いで休養に当てていました。

 

これから勉強する方や現在勉強している方からすると、

「前日まできっちりと勉強しなければ合格しないのではないか?」

という一種の強迫観念のようなものがあるかもしれませんが

僕の経験や過去の合格体験記を読んだ内容からすると必ずしもそうではないことが証明できます。

 

 

 

目的をはき違えないこと

 

 

つまり、

「日々勉強していることは本試験当日において最大限パフォーマンスを出すこと」

つまり解ける問題は解く解かない問題は解かないなど戦略戦術を持って

頭の切り替えを最大限発揮することが1年間を通し勉強した成果を発揮する場なので

日々勉強することが目的となってしまっては本末転倒です。

 

そのようなことも考慮すると必ずしも前日まできっちり勉強していなければならないという発想は

そもそも必要なく当日において頭がスッキリ体調が万全で集中力を最大限高めた状態で

問題を解ければいいというただそれだけです。

 

前日と言うのはあれこれ考えてしまうこともあるかもしれませんが、

☑あえてお笑い番組を見る

☑自分の好きな趣味に時間を充てる

☑気分転換にどこかへ出かける

など自由な時間に使うのもいいと思います。


これはただ休養にあてるという意味ではなく、

「休養にあてる日を設定しているのも戦略の一つです」

つまり全てが予定通り来ているというわけです。

このようなことを参考に国家試験の前日を過ごしていただければと思います。

 

 

行政書士 山中英資へのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:050-3704-0034
受付時間|年中無休 9:00〜22:00
お問い合わせフォーム
メルマガ購読申込

山中 英資公式facebookページ

カテゴリ