建設業許可申請を兵庫県でするならスマイル行政書士事務所

ブログ

通信制高校のNHK学園高等学校時代を振り返る

2014.6.25
【ブログ】

■今年の振り返り 学校編


今年も残すところあと5日。

各分野に沿ってこの1年を振り返ってみます。

 

まずは「学校編。」

振り返れば今年の3月に卒業した高校。

僕にとっては

学歴コンプレックスが昔からありました。

 

行政書士試験を平成22年1月に合格してから

駆け込みで高卒資格もほしいと欲張り、

平成22年の2月から3月にかけて手続きをし4月に晴れて高校生。

 

この歳になっても

新しい環境に緊張と不安と期待が

入り混じった気持ちで登校したことを今でもハッキリ覚えています。

 

その後

順調に時間が経過し今年の3月に卒業を果たしました。

振り返ると

だいぶ前のことのように思いますが今年の3月の出来事でした。

卒業したみんなはどう振り返っているのでしょうか?

現役世代が多かったので、

振り返ることは少ない年代かもしれませんね。

 

世間の皆さんに遅れをとっていたと感じていた

自分がいましたが今は最低限の高卒資格は手にしました。

このエネルギーを

来年にもつなげていきたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

◇振り返る◇

 

当時の記事を振り返り追記します。

懐かしいのは事実ですが行政書士試験に受かったのが32歳の年。

そのまま4月の通信制高校の入学に間に合うように手続きをしたのを覚えていますが、

この当時はまだ人生の先がどうしたいのか、どうありたいのか、どのように行動したらいいのか、

まだ何も見えていない中で高校に入学したのを覚えています。

 

 

 

NHK学園に入学

 

 

NHK学園の通信高校は3年で卒業できるため3年経つと35歳。

就職するにもハローワークなどで見ると35歳というのが一つの区切りでしたので、

なんとか間に合うのではないかという思惑で当時は入学しました。

 

しかし入学後、在学中に行政書士事務所を開業し、

アルバイトと行政書士事務所と学生生活と言う三つのレールを走らしながら進みましたので

この段階では就職という選択肢はなくなっていました。

 

 

 

行政書士事務所の開業当初とは

 

 

卒業後にどのようにして行政書士事務所を軌道に乗せるかということを

考えるようになっていたのも在学中の出来事でした。

もちろん専業で行政書士をしながら軌道に乗せることも簡単なことではない

というのは思いますが、

今思うと「人との出会い・ポイントに気づく」このことで

軌道に乗せるチャンスがあるのだというのは感じ取りました。

 

当時はフルタイムのアルバイト生活とNHK学園の学生生活が最優先であり、

行政書士事務所は一番下の位置づけで勉強しておりましたので

学生当時に軌道に乗せることはやはり難しいこととなっていました。

 

 

 

すき間時間で実務書を読んでいた

 

 

この当時の出来事として今につながっていることは、

事情があり片道2時間ほどかけてアルバイトの職場に行っていましたので、

通勤途中の電車で多くの本を読む時間があり、

その中には今中心となって取り組んでいる建設業許可申請の実務の本も読んでいたため

今に繋がっているのは事実であります。

 

今思うと実務書の本は基本的なことが書かれているため、

イレギュラーな案件については正直言いまして実務書ではわかりません。

最初にご相談いただいた建設業許可申請については今振り返るとイレギュラーな案件であったため

何度となく役所に相談の電話をしていたのを覚えています。

 

建設業者さんの状況は一人一人違いますので多くの場合このイレギュラーな案件に該当します。

そのためこれから実務をされる場合は、イレギュラーな案件が多い業務分野については

先輩の行政書士など知り合いの行政書士さんと共同受任するなど

最初から一人で行うには向いていない内容の業務があるのも事実です。

 

 

 

学生時代では

 

 

また学生生活を振り返ると現役世代の年齢の学生さんが多いのは確かですが、

その中に混じって自分も楽しむというスタンスでスクーリングなどは通い、

日々のレポートなどはコツコツと積み重ねるただそれだけでありました。

当時の知識が身に付いているかというのはまた別ですが(笑)

 

 

 

自分の考え

 

 

このように人生の目標を持ち、そこにめがけて努力してきた自分ではありませんが、

現在において振り返るとその途中において、

今の自分につながるための人との出会いがあったことは感謝しかありませんし、

自分の経験がどなたかの役に立つのであれば自信を持って

「自分の考えたこと・考えていたこと・思ったこと・行動したこと」

その全てを提供できればと思っております。

 

 

 

あなたへのメッセージ

 

 

現在において思うようなことがなかなかいかない状況のあなたにおいても必ず道は開けます。

そこには時間が必要かもしれません。

しかしゆっくりでも歩んでいれば自分のやりたいことはいずれ見つかり

振り返った時にこれで良かったと思うことでしょう。

このブログがあなたの一助になれば大変嬉しいと思います。

 

 

行政書士 山中英資へのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:050-3704-0034
受付時間|年中無休 9:00〜22:00
お問い合わせフォーム
メルマガ購読申込

山中 英資公式facebookページ

カテゴリ