建設業許可申請を兵庫県でするならスマイル行政書士事務所

ブログ

2013年の振り返り 相続編

2014.6.25
相続・遺言

■今年の振り返り 相続編

今年も残すところ明日の1日のみですね。

1年が終わるこの時期の1日は普段の1日と何か重みといいますか
違う気がしてしまいます。

今日の今年の振り返りは
当事務所の柱の一つ「相続編」です。

 

今年の春の高校卒業をしてから
●チラシポスティング
●ホームページ
と2つの形から集客をしてきました。

その中問い合わせをいただいたのが
●遺産分割協議書
●遺留分
についてでした。

 

遺産分割協議書は相続が発生したときに
亡くなられた方の財産を誰に引き継ぐかを決めたものを書面に表したもの。

遺留分は相続人となる人の財産を取得できる権利を最低限保障する制度です。

これは例えば遺言を書くとき
特定の人に全財産を渡したくても結果的にできないことになります。

 

なぜか?
答えは残された家族の生活を最低限守るために
相続人に保障されてます。
全相続人が守られてる訳ではないですが。

ちょっと説明を加えましたが
このような事について問い合わせがありました。

なかなか依頼へとはいきませんでしたが
この経験を来年にはしっかり繋げて行きたいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

行政書士 山中英資へのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:050-3704-0034
受付時間|年中無休 9:00〜22:00
お問い合わせフォーム
メルマガ購読申込

山中 英資公式facebookページ

カテゴリ