建設業許可申請を兵庫県でするならスマイル行政書士事務所

ブログ

反面教師と思ってください。

2014.6.26
行政書士試験

■リベンジを目指す方へ
昨日は行政書士本試験の合格発表でしたね。
多くのドラマが起きたことでしょう。

 

ところで残念ながら不合格となってしまった方へ。
昨日のブログの最後に書いた注意点の話しをしてみたいと。

あくまで自分の経験からくる話しです。
なので参考に留めるとともに生かせる所は吸収して下さい。

 

僕は数多くの失敗(不合格)を経験してしまいました。
だからこそ伝えれる何かはあります。

反面教師ととらえてもらってもいいですし
合格者の視点を吸収してもらってもいいですし
興味のある所だけを生かしていただいてもいいです。

 

前置きはこれくらいにして
やはり合格するには頭が良い方は別として
やはりポイントを押さえた勉強をしないと結果はついて来ないということです。

ポイントは数多くあります。
全てを一度に書けないので順に書いて行けたらと思います。

 

<ポイント☆>
まずはこの時期に合わせたポイント。
やはり多くの資格予備校でも言ってますが
「復習」が大事です。

僕の場合は
資格予備校の模範解答の冊子を入手して復習しました。

 

<ポイント☆>
ここでは特に
「どの問題も均等に復習するのではない。」
ということです。
なぜか?

答えというより
国家試験の本質に迫るくらい大事なことを言います。

 

それは「資格試験の多くは基本問題+α」で
合格点に達するようにできているという事実があるからです。

 

なので復習の段階から
基本問題なのか難問なのか見極めが必要となります。

なぜか?
難問の復習に多くの時間をかけるなら
基本問題+αの問題の復習をキッチリして下さい。

 

難問の復習に気が行くのはわかります。
しかし難問は本試験の際スルーする問題となります。
その分を基本問題+αを確実に解く時間にあてて下さい。

だからこそ今復習をするとき
基本問題+αの問題を最優先に復習してほしいのです。

 

ちなみに仮に
A問題が基本
B問題がやや難しい
C問題が難しい
問題とランク付けしたとき

A・Bをキッチリ勉強します。
完璧に近いところまでします。
一方Cランクはしません。

 

このようなポイントを押さえて行くことが合格への一歩なのです。
まずはこの時期と復習の仕方についてまで書いてみました。

良かったら参考に。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

行政書士 山中英資へのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:050-3704-0034
受付時間|年中無休 9:00〜22:00
お問い合わせフォーム
メルマガ購読申込

山中 英資公式facebookページ

カテゴリ