建設業許可申請を兵庫県でするならスマイル行政書士事務所

ブログ

建設業許可申請は要件まだでも一日も早くご相談ください。

2019.4.13
【ブログ】

要件が足りなくてもまずはご相談を!

 

建設業許可申請を行うには、つまり建設業許可を取得するには、

許可要件をクリアする必要があります。

 

 

必要書類のために

例えば経営経験があと1年足りない場合や、

技術者について実務経験で証明する場合の経験が足らない場合など、

要件が不足しているけど建設業許可が欲しいという場合、

事前に許可要件をクリアしていることを証明するための書類などについて、

一日も早く確認しておくべきです。

 

いざ申請となったときに

「あの書類が実は足りない」

「あの書類は紛失している」

など現在では気付いていないかもしれない書類を

事前に確認できるという大きなメリットがあります。

 

 

費用もどのくらいなのかわかります

建設業許可申請を行う場合、

お金の要件として残高証明書を添付する場合があります。

500万円以上の残高証明書が必要ですが、

この書面の有効期間が証明日から1か月しかありません。

早くから取得していても申請が間に合わないと取り直しになります。

 

また、申請する上で、行政書士に依頼する場合の費用も

どのくらい必要なのか知っておくと安心となります。

このように先に知っておくことのメリットは大きいです。

ぜひご検討ください。

 

行政書士 山中英資へのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:050-3704-0034
受付時間|年中無休 9:00〜22:00
お問い合わせフォーム
メルマガ購読申込

山中 英資公式facebookページ

カテゴリ