建設業許可申請を兵庫県でするならスマイル行政書士事務所

ブログ

時間って足りないくらいがちょうどいい?

2014.7.24
ビジネス
ご訪問ありがとうございます。 建設業許可新規申請(一般)のことなら、 兵庫県の行政書士事務所 スマイル行政書士事務所の 行政書士山中英資までご相談を。 阪神間最安値で阪神西宮・芦屋・尼崎で営業中。 梅雨が明けたら毎日暑いですね。 そりゃ、夏ですもんね。 梅雨が明けたこの季節が 一年で一番晴れを満喫できると思いませんか? ぼくはそう感じてますよ。 今のこの時期は夕立もなく、 湿気はスゴイけど"晴れ"を満喫ですよね。 学生の人は夏休みに入ったばっかり。 一番気持ちがリラックスできるんじゃないかなと。 社会人はといえば、 全く逆かな。暑い中、仕事をがんばらないと。 ところで話しはガラリと変わって、 今日は「時間」について。 前から僕の中で感じ、考えてたこと。 それがこの「時間」というもの。 世間でよくいう時間にまつわる言葉。 それが、、、 【時間はみんなに平等にある】 ってことですよね。 確かに時間はみんなに、そしてあなたにも 平等に与えられています。 それは間違いない事実。 しかし、 この「時間」の捉え方は人それぞれかなと。 僕なんかは性格的に怠けやすい性格の持ち主。 だからこそ仕事や取り組むべき事柄があるとき 余裕をもって時間が与えられていると 逆に上手く使えない。 時間のコントロールが下手なんだと思う。 つまり、 余裕があるから事がはかどるのでなく 逆で、余裕をかまして後で追われてしまうタイプ。 逆に時間にもともと追われていたら 一刻も早く終えたいと思うから 忙しい中で、効率的なやり方を探そうと工夫もするし 知恵も絞るしこの方がベストパフォーマンスができる。 だから 僕にとっては「時間」は ちょっと足りないくらいがちょうどいい。 そう思ったり考えたり。 食事なんかも ちょうど足りないくらいの腹八分目 って言葉があるくらいだから、 きっと共通なのかなと考えますね。 あなたはどちらのタイプですか? ・時間はたくさんあると力を発揮する ・時間はちょっと足らないくらいがベスト 成功者の人はどちらのタイプが 多いのでしょうね? 自分のタイプをしっかりわかって 仕事や物事に取り組むのと 知らずに取り組むのとでは結果が違いますよ。 なぜって? 時間がちょっと足りないタイプってわかっていれば 足りないことの焦りが発生しない。 足りないけど、その分集中できるし、力も出るし。 知らずにいたら ただ焦るし、ヤバイヤバイの連呼だし。 あなたはどちらのタイプですか? この夏に発見しませんか? 最後までお読みいただきありがとうございます。 行政書士 山中英資

行政書士 山中英資へのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:050-3704-0034
受付時間|年中無休 9:00〜22:00
お問い合わせフォーム
メルマガ購読申込

山中 英資公式facebookページ

カテゴリ