建設業許可申請を兵庫県でするならスマイル行政書士事務所

ブログ

営業所について

2014.9.7
営業所について

【建設業許可申請の営業所について】

ご訪問ありがとうございます。

 

兵庫県西宮市の行政書士事務所

スマイル行政書士事務所 行政書士の山中英資です。

 

 

今日は

許可要件で求められている

「営業所」についてです。

 

この「営業所」については、

■そもそもどういったものを「営業所」と呼ぶのか?

■「営業所」で行なわれる「営業」とは何をいうのか?

 

この2点がチェックポイントになります。

確認していきましょう。

 

 

■そもそもどういったものを「営業所」と呼ぶのか?

営業所については、許可要件として明確には定められていません。

しかし、建設業法では営業所があることが前提となっており

実務の上でも営業所の有無を確認しています。また営業所の写真を提出することも多いです。

 

そのうえで、実際に営業を行うところですので

「電話・机・事務機器類の置かれた場所、来客用スペースはあるといいでしょう。」

「建設業の営業を常に行う、本店・支店などを指しています。」

 

このときにもう1点のポイント。

「一人親方」と呼ばれる場合や、「法人で社長宅を会社の本店」としている場合です。

現実はキッチリ区分することはできないと思われます。

しかし、自宅のどの部分を営業所としているのかを示す必要はあります。

 

そして、さらに例えば

A営業所が直接契約に関わっていなくても、B営業所に指導や監督といった実質的な関わりを持つ場合は、

建設業でいうところの「営業所」に該当します。

一方、単なる資材を置く場所や連絡所や現場の事務所は建設業の「営業所」に該当しません。

 

 

■「営業所」で行なわれる「営業」とは何をいうのか?

この場合の「営業」とは、

「建設工事に関わる見積り・入札・契約を結ぶなどのことを繰り返し行なうことです。」

 

 

これらを参考に「営業と営業所」についてチェックしていってください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

行政書士山中英資

 

行政書士 山中英資へのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:050-3704-0034
受付時間|年中無休 9:00〜22:00
お問い合わせフォーム
メルマガ購読申込

山中 英資公式facebookページ

カテゴリ