建設業許可申請を兵庫県でするならスマイル行政書士事務所

ブログ

2年半ぶりの更新の中身は?合格後の専業行政書士への道

2014.6.22
【ブログ】

2年半ぶりの更新

大変ご無沙汰しておりました。

今日からブログ更新を再開したいと思います。

なんせ、2年半ぶりですので、

まずは定期的に更新できるようがんばってまいります。

よろしくお願いいたします。

 

以前は、「うえをむいて」というニックネームで

行政書士試験の受験感想や結果をほんのわずか書いていました。

合格までにかなり時間はかかりましたが、

これからは

 

スマイル行政書士事務所

 行政書士 山中英資

 

として、専業行政書士を目指している最中ではありますが、

改めましてよろしくお願いいたします。

 

 

 

◇振り返る◇

 


この記事を振り返ると当時アメブロを書いており、現在も不定期で更新してますが

アメブロの記事をこちらのホームページのブログに引用していたため

最初の書き出しはアメブロの内容と一部なっております。


記事の終わりでは専業行政書士に向けた意気込みが書かれていましたので、

この点について考えてみたいと思います。

 

 

専業行政書士へ

 

 
僕が行政書士を目指すことになったのは亡き父親が司法書士をやっていたところが、

大きく影響しており最初からこの資格を知っていたとか目標にしていたっていうわけではありません。

小学校中学校と成長していく中で自分自身が資格業で仕事をしていけたらという思いが芽生え

結果的に24歳頃から受験勉強を始めた経緯があります。


正直言いまして合格するまでの期間は長く、

合格のための勉強法体得するまでに多くの時間を費やしました。

 

これと同じように今振り返ると

専業の行政書士もそこに行くまでには同じようにポイントがあるように思います。

現在まだ道半ばですのでこれが絶対と言う答えは見つけられていませんが、

 

専業の行政書士いわゆる世間で言う「食える行政書士」になるためには

キーワードとして集客がすべてであるように思います。

 

 

他業種でもおなじ

 


飲食店でも同じことが当然言えると思います。

集客できない飲食店は店をたたむしかありません。

飲食店より強い点といいますのは資格業の場合は

お客様のところにこちらから出向くことができ、

仕事場も選ばず業務に充てられる点が大きいと思います。

 

専業行政書士を目指していた当時の自分を振り返ると

「カネコネ経験なしでスタートしました」

ので道半ばではあるもののこれまで多くのお客様との出会いにより

たくさんの経験をさせていただいたと感じております。

 

 

僕の人生はこんな感じ

 

 

僕自身の人生は小学校から中学校の途中まではおおよそ平坦でしたが、

中学生の途中から登校拒否になったり当時高校には行かず

中卒でアルバイトを始めたりしていましたので資格を目指した時には中卒のままの受験生でした。

 

合格後通信高校に通うことになったわけですが、

開業したタイミングではまだ高校を卒業していませんので

中卒で開業したということにもなります。

 

そのような経緯から経験がない方にとっても資格業で起業するということは十分可能であり

「コツと言いますかポイントを押さえて尽力すれば」

目標に一歩でも近づけるのかなというのは感じております。

道半ばまだまだ頑張ります。

 

 

行政書士 山中英資へのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:050-3704-0034
受付時間|年中無休 9:00〜22:00
お問い合わせフォーム
メルマガ購読申込

山中 英資公式facebookページ

カテゴリ