建設業許可申請を兵庫県でするならスマイル行政書士事務所

ブログ

通信制高校卒業!行政書士試験合格後に入学そして卒業

2014.6.22
【ブログ】

卒業

先週の日曜日に無事通信制高校を卒業いたしました。

僕個人にとっては、念願の高校卒業でした。

 

中学卒業以来、

様々な仕事をし行政書士合格を機に

空いた時間を高校卒業へ向けた勉強の時間へと充て

無事に目標をクリアできました。

 

これからは、

一人でも多くのご縁あるお客様の支えを目指し、

行政書士一本で

生計を立てれるようがんばっていきたいと思ってます。

 

これからご縁ある皆様

行政書士 山中英資 と スマイル行政書士事務所

を末永くよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

◇振り返る◇

 


当時の記事を懐かしく思い追記という形で当時を少し振り返ってみたいと思います。


行政書士試験に受かるまでは、

「中卒というのは自分の中で劣等感と言いますかコンプレックス」として強くありました。

 

また社会においても、自分自身はどう生きたいのかどんな職業につきたいのか

自問自答の日々でした。

時間はかかりましたが無事に行政書士試験に合格し、

1月下旬が合格発表でしたのでその年の4月からの入学に合わせて急いで手続きをし

通信制高校に入学しました。

 

 

 

この歳で入学する動機

 

 

入学した一番の動機は、

「入学当時は32歳でしたので三年で卒業できれば35歳で卒業でき、

当時の考えとしては就職も視野に入っていたため35歳までに新たな場所で就職し

その後結婚ができれば。」というふうに考えていたため、

入学に対しては躊躇なくすんなり入れたように思います。


もちろん周りは現役の中学卒業したての15才の方や二十歳前後の方、

逆に年配の方もいましたし色々な刺激を受けて入学したのを覚えています。


もちろん長い間学校の勉強はしていませんでしたのでそういった面の不安はありましたが、

弟が先に通信制高校に入学し勉強している姿を見ていたのでまたアドバイスとして、

「資格試験を勉強している自分なら通信制高校の勉強なんか簡単やで。」

という声かけももらい背中押されて入学した側面もあります。


ここでの記事は卒業ということにポイントを絞っていますので在籍当時のことには触れませんが、

3年間で無事に卒業できました。

 

 

 

あとになるとポイントとなる時期

 


僕が在籍していた通信制高校の NHK学園は単位制の通信制の高校ですので

必要な単位に向けて頑張ると言うスタイルの高校でした。

当時はフルタイムのパートとして働きながら学校に通い、

3年間の高校生活の途中に行政書士事務所としても開業し

振り返るとポイントとなった3年間であるように思います。

 

 

 

不思議と無くなったコンプレックス

 


入学するまでは中卒というコンプレックスがありましたが、

「入学した途端そのコンプレックスは無くなり」

卒業してもいないのに(笑)

社会の一員として仲間入りしたような感覚になったように思い出します。

 

 

 

今の繋がり

 


実際無事に卒業できたことを嬉しく思いますし、

今も当時の仲間と飲み会を開いたり会えたりして

その後の人生をどうしているのか共有できる時間があることを感謝していますし、

「人の出会いはやはり大切だなぁ。」という風に実感しています。

 


自分自身のこの経験が誰か一人のために役に立てばと思い、

自分自身の生い立ちを包み隠さずオープンに話しています。

 


自分自身が現在において最終的に何がやりたいのかと言いますと、

「簡単に言いますと支援活動」


自分の思うようにいかないことも人生ですが、

自分自身が登校拒否をし中卒で社会に出てアルバイトや社員を経験し

国家資格を勉強し通信制高校に通い無事卒業したこと、

また現在において行政書士として独立して生きていることを考えると

自分の経験が誰かの役に立てばという風な思いで現在の活動をしています。

 

まだまだ道半ば「自分の奮闘に期待します。」

 

 

行政書士 山中英資へのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:050-3704-0034
受付時間|年中無休 9:00〜22:00
お問い合わせフォーム
メルマガ購読申込

山中 英資公式facebookページ

カテゴリ