建設業許可申請を兵庫県でするならスマイル行政書士事務所

ブログ

【行政書士=国家資格】合格戦略とは?キャリアアップ勉強法②

2015.2.10
気持ちについて

【大阪・兵庫の建設業許可申請のことなら】

 

利用しやすい阪神間最安値で営業中!

 

スマイル行政書士事務所にご相談ください!

 

例 : 新規/知事/一般申請¥80,000(税別)

 

行政書士 山中 英資

 

 

■行政書士=国家資格、合格の最短距離の方法とは?

 

前回から新たに始めた新企画!

「キャリアアップ勉強法」

 

ここでは、僕が開業させていただいている行政書士をはじめ

運よく合格できた宅建や仕事のうえで接することがある、

「建設業許可申請」このお客様が取得していると手続がスムーズとなる各種国家資格。

 

 

 

これらすべてに共通となる「国家資格!」

 

 

 

この国家資格に合格するためには、やはり「コツ!」

なるものが存在することがわかっています。

これは、僕自身の受験時代に研究した中で体得しました。

この「コツ」を知ることでそして実践することで、

 

 

 

たとえば、

・建設業許可申請であると有利な各種国家資格

・行政書士をはじめ各種国家資格を目指している

・将来のためのキャリアアップを図りたい

などなど

 

 

 

それぞれの立場で思いや考えはあるはず。

そうなったときに、時間をかけて合格するより

一つでもなにか「気づき」によって最短ロードがあるとしたら、、、

歩みたいですよね。

 

 

 

■資格合格の最短距離があるとしたら?

イメージしてください。

ココにビルの最上階を目指す必要があるとして、

階段とエレベーターがあるとしたらあなたはどちらで上の階を目指しますか?

足の筋トレ目的なら階段も有りかもしれません。

しかし、足はパンパン。もしかすると膝を壊すかもしれません。

いわゆるリスクがあるんです。

 

 

 

一方で、エレベーターは?

止まってしまう恐れがあると思いましたか?確かに無いとは言い切れない。

しかし、その止まる確率って階段で膝を壊すよりはるかに少なくないですか?

 

 

 

つまりは、どちらの方法をとってもリスクは潜んでいます。

それを国家資格の合格に当てはめると。

 

 

 

まずは階段。

自分の足で進むので、今まであなたがされてきた勉強の仕方で

合格を目指せばよいのです。

その歩み方、つまりはあなた自身の勉強の仕方を信じればいいんです。

 

 

 

そして、エレベーターだと。

機械という他の力、いわば他力を信用して歩むということ。

いうならば他力を借りて歩むということでしょうか。

現実的には、エレベーターはボタンひとつで進んでくれますが、

国家資格合格を目指す場合はそうは行きません。

 

 

 

僕がココで言いたいのは、

エレベーター=国家資格合格の勉強法

その存在があるということ。

それはつまり、最短距離での合格方法があるということを差すことです。

 

 

 

この方法をとってもリスクは回避しきれません。

つまりは、合格を保証できる方法ではないということ。

しかし、この勉強法の最大の利点は

この勉強法を体得するとどの資格にも応用が効き、常に最短距離で試験日を迎えれ

もちろんそれは合格するには必要不可欠の方法とも言えるわけで。

 

 

 

今回は「キャリアアップ勉強法」と題した2回目の記事ですが、

今回の結論をいうと「国家資格合格の勉強法がある!」

それを伝えたいわけですね。

 

 

 

やみくもにテキストを広げ、問題集を解き、過去問と向き合って

本試験日当日を迎えるわけでなく、

「理論、理屈にのっとって勉強を進めて、合格するという方法がある。」

 

 

 

そのことを知っているか、はたまた知らないかが合格に大きく左右するし、

大げさに言うと人生にも影響してしまうということ。

そのことを強く言いたい今回の内容でした。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

行政書士 山中英資

行政書士 山中英資へのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:050-3704-0034
受付時間|年中無休 9:00〜22:00
お問い合わせフォーム
メルマガ購読申込

山中 英資公式facebookページ

カテゴリ