建設業許可申請を兵庫県でするならスマイル行政書士事務所

ブログ

建設業許可・神戸市での営業所の具体例!

2015.4.28
営業所について ,建設業許可

一般建設業許可を西宮・尼崎・神戸・宝塚で取得するならお任せ!

 

【阪神間最安値】で利用も相談もしやすい、スマイル行政書士事務所

 

「あなたと二人三脚で許可取得を目指します。」

 

TEL:050-3704-0034/時間:9:00~22:00/年中無休

スマイル行政書士事務所 行政書士山中英資

 

行政書士 山中 英資

 

■営業所も大切です!

神戸市のお客様でこんな事例がございます。

農業用倉庫を上手に改良されて、

営業所(事務所)としてこれまで自営されてきました。

田舎ではこういったケースがあるようですね。

 

 

 

いろんな事情で自営業ってスタートされますよね。

僕の事務所でもそうですが、開業したてのときはやっぱり初期投資を

可能な範囲で少なくスタートしたい。

これはこれで正しいと思っています。

 

 

 

必要に応じて、事務所や営業所はステップアップで拡大すればいい。

当たり前の話ですよね。

「この方もおそらくそうではないのかな?」と思います。

 

 

 

この知事の新規で建設業許可申請をご希望のお客様は

ご相談時に営業所が農業用倉庫でありました。

見た目はしっかりとした倉庫であり、建物でもありました。

このケースでは役所に確認したところ問題点がありました。

 

 

 

■土台部分が大切!

倉庫というのは通常、土地の上に倉庫が乗っかっているだけですよね。

この「土地の上に乗っかっているだけ!」

ココの点が問題点なんです。

 

 

 

※なお、個別具体的に回答は違う旨をご承知おきください。

今回のケースでは、役所の回答はこうでした。

「土台(基礎)の部分が工事をされていない。」

「倉庫などであっても、コンクリートなどの土台(基礎)の工事がまずはされているかが大切!」

「今回のケースでは、それが無く台風でも来たら飛んで行ってしまう。」

「そのような建物を営業所としては認められない。」

 

 

 

このような回答でありました。

経営(営業)している側からすると、この倉庫が大切な存在なんです。

ココでずっと営業されてきました。

 

 

 

しかし、

こと「建設業許可が必要」となった今では

許可要件に見合う「営業所」が求められます。

 

 

 

通常、どこか賃貸物件を借りて営業をされている場合や

自分の自宅を営業所としてされている場合など

建物と呼ばれるものを営業所として営業されているケースでは

特に意識しないところかもしれません。

 

 

 

しかし、利便性であったり

個々の事情で特殊な所を営業所とされているケースもございます。

現実的にはいろいろなパターンはございます。

許可を取得する場合、最終的には役所が求める営業所である必要があるのも確かです。

しかし、最初から「ダメ」とは決め付けずまずは役所への確認も大切です。

 

 

 

今回のケースでは、倉庫を営業所としては認めてもらえなかったので

次の道すじにてお客様と許可取得に向けて一緒に歩んでいます。

このように幣所では、

「お客様と二人三脚で許可取得を目指します。」

 

 

 

今日は、

「営業所」について触れてみました。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

行政書士 山中英資

行政書士 山中英資へのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:050-3704-0034
受付時間|年中無休 9:00〜22:00
お問い合わせフォーム
メルマガ購読申込

山中 英資公式facebookページ

カテゴリ