建設業許可申請を兵庫県でするならスマイル行政書士事務所

ブログ

【資格に合格】キャリアアップ勉強法⑤

2015.6.20
勉強法 ,試験について

本試験から考えると日々の勉強法もわかる!

 

行政書士・宅建・簿記など最短で受かるキャリアアップ勉強法!

 

国家資格勉強法を知っているとグッと合格に近づきます!

 

行政書士 山中英資

 

■本試験から考える勉強法

僕の事務所の中心業務に据えるのが、「建設業許可申請」

この許可申請では、「専任技術者」と呼ばれる

一定の経験をもっているか、または資格を持っている人が

この「専任技術者」という立場になるんですね。

 

 

 

この「専任技術者」を証明するためには、取得したい業種に対応した「国家資格」があると、

許可申請手続きをするうえで、断然スムーズに進みます。

これは、代行申請する行政書士だけでなく、許可が必要な建設業者様の負担は

圧倒的に軽減されるのが、「国家資格」という存在!

 

 

 

■キャリアアップ勉強法の5回目

ところで先週の日曜日は簿記試験の本試験日でした。

僕の弟が受験してきたんですが、僕が体得した「勉強法」に基づいて

「試験の心得」なるものをアドバイスしました。

本人から受験後に聞きました。

「やはり、間違っていませんでした。」

 

 

 

前回の記事にも書いたのですが、

①基本問題をしっかりゲットする!

②捨て問をしっかりパスする!

このスタンスを通せたので、時間を余して終えれたそうです。

まだ合格発表待ちですが、自己採点では80点後半の得点だそうです。

ちなみに簿記の2級の受験です。

 

 

 

では、今回のテーマとした「本試験から考える日々の勉強法」

日々の勉強が本試験の得点に繋がり、そして合格に繋がっていないと

勉強法の意味がないですよね。

でも、答えはとてもシンプル!

しかも出ていますよ!

おそらく長きにわたり知らなかったのはきっと僕だけ(笑)

だから、合格するのにとてつもなく長い時間をかけてしまいました。

 

 

 

その答えをあなたに伝えます。

 

 

 

それは、、

 

 

 

①基本問題をしっかりゲットする!

②捨て問をしっかりパスする!

これが答えです。

ねっ。簡単でしょ!

 

 

 

■勉強法=本試験

つまりはこうです。

日々の勉強法の分野と本試験で解く分野は、

極端な言い方をすればイコールってことなんです。

 

 

 

日々の勉強では、本試験当日に対してちょっとでも多くの知識を得て

試験当日を迎えたいと考えるし、そう思いますよね。

しかし、ココ(ちょっとでも多く)にすべてのエッセンスというのか、

合否を分けるくらいの最大のポイントが隠れています。

 

 

 

この最大のポイントを知っていて日々勉強するのか、

それとも落とし穴に「スポッ!」と落ちるのか。。

落ちればほぼ間違いなく、不合格ロードをまっしぐらですね。

僕はこの不合格ロードを数多く走ってきました。

失敗からまた失敗者から学んでください!

 

 

 

では、さきほど出した答えの

①基本問題をしっかりゲットする!

②捨て問をしっかりパスする!

これを日々の勉強に当てはめるとどうなるか?

 

 

 

・基本問題をしっかり自分の知識とする

ようするに、受験資格の対象となる基本知識はしっかり勉強するということ。

逆に言えば、それ以上範囲を広げて勉強しないということ。

それが、もうひとつのポイント!

・捨て問をしっかりパスする!に繋がっています。

 

 

 

■まとめ

僕の試験対策や勉強法では、「基本問題+α」という定義を置いています。

ですが、今日紹介したのは、極端な言い方にはなるかもしれませんが、

この範囲と同じことです。

 

 

 

本試験で基本問題しか解かないのに、

日々の勉強で捨て問と言われる難しい知識などを勉強するのは、

試験において得点することを考えると何の意味も持ちません。

つまり、本試験で解く上での心構えや戦略と日々の勉強は

当然のことながら、ダイレクトに繋がっているということです。

 

 

 

今日の最後に、

ナゼそんなことが言えるのか?

 

 

 

これも答えは簡単です。

行政書士試験は通常、300点満点の足きりクリアを条件として180点以上で合格!

宅建試験は通常、1問1点として、50点満点の38点以上取れれば大方は合格!

簿記の3・2級は通常、100点満点の70点以上で合格!

 

 

 

この得点を見ればよくわかります。

合格点をクリアすれば合格なんです。

「基本問題+α」で通常合格点に届くように試験問題は作られています。

だからこそ、勉強法を知って日々勉強する。

これが大切なんです。

満点を目指している人は別ですが(笑)

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

行政書士 山中英資

行政書士 山中英資へのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:050-3704-0034
受付時間|年中無休 9:00〜22:00
お問い合わせフォーム
メルマガ購読申込

山中 英資公式facebookページ

カテゴリ