建設業許可申請を兵庫県でするならスマイル行政書士事務所

ブログ

一般建設業許可を神戸・尼崎で/スマイル行政書士事務所

2015.8.11
【サービス対応地域】 ,建設業許可

 

行政書士 山中英資 

 

 

 

 

 兵庫県/神戸/西宮/尼崎の一般建設業許可のことなら、

 

阪神間最安値のスマイル行政書士事務所にご相談ください!

 

TEL:050-3704-0034/時間9:00~22:00

 

 

■一般建設業許可を新規で取得するタイミング!

建設業許可を取得したいとお考えの建設業者様の多くは、

大きな額の受注案件が入ってきそうなど現状の状況によって

「今、許可を取りたい。」

と言った具合に現状にすごく左右される形の方が多い気がしています。

 

 

 

このことは、ケースによっては許可取得が難しいことにも繋がりかねない

重要なことにも繋がっているのです。

その理由とは?

建設業許可を取得できるか否かのひとつのポイントとして、

確認書類と呼ばれる許可要件を満たしていることを証明するための

公的な書類を用意できるかどうかと関わっているからなんです。

 

 

 

このことを一歩踏み込んで解説すると、

たとえば、個人事業主(一人親方)の建設業者様が一般建設業許可を1業種取りたい場合

(たとえば、大工工事業を取りたいなど。)

建設業での経営者としての経験を最低5年以上というのが許可要件のひとつとしてあって、

(この場合、大工工事業の経営者としての経験)

このことを公的書類などで証明する必要があるんです。

 

 

 

この場合は、「個人事業主としての確定申告書」が大きなポイントのひとつ!

まずは、そのときの確定申告書の控えなるものを一式保管しているのかどうか。

押入れの片隅でもいいんです。

本棚の端っこでもいいんです。

その辺にほったらかしでもいいんです。

(これら管理面は別としてですが。。)

要は、控えがどこか探せばあるということが大切。

 

 

 

紛失していると税務署で再発行してもらうとか

解決手段がないわけではないが、この再発行手続きについては

遡って7年分しか取得できないようで、たとえそれより昔に個人事業主として

建設業をしていたとしても再発行では書類を受け取れないとなってしまう。

 

 

 

■可能な限り計画的に建設業許可申請を!

これらを踏まえると、現在建設業許可を必要と思っていなくても

「心のどこかで。また頭の片隅に。」

「建設業許可」

この文字が浮かぶなら、許可要件や必要書類の把握は現在から

しておくと、後で後悔しなくて済むかもしれません。

 

 

 

そのような、現在許可がほしいというようなご相談以外にも

「ちょっと聞いておきたい。」

そのようなケースでもお気軽にご相談ください。

「あなたとのご縁を大切にしたい。」

そう考えております。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

宮っこ行政書士 山中英資

行政書士 山中英資へのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:050-3704-0034
受付時間|年中無休 9:00〜22:00
お問い合わせフォーム
メルマガ購読申込

山中 英資公式facebookページ

カテゴリ