建設業許可申請を兵庫県でするならスマイル行政書士事務所

ブログ

個人事業主様が建設業許可を取得するポイント!③

2015.8.18
建設業許可 ,許可要件について

西宮の建設業許可申請庁舎写真

 

 

 

兵庫県/西宮/神戸/尼崎/三田/伊丹の一般建設業許可申請は、

 

阪神間最安値のスマイル行政書士事務所にご相談ください!

 

TEL:050-3704-0034/時間9:00~22:00

 

 


 

 

■建設業許可申請でも資格は「伝家の宝刀」

今回は第三弾として。

建設業許可申請でも効力を最大限発揮する「資格」にスポットを当てます。

 

 

 

その資格が活躍する場は、

建設業許可申請ではいくつかの要件を満たしている必要があるのですが、

「専任技術者」このときに登場します。

 

 

 

この専任技術者は、

①国家資格者

②その業種での一定期間の経験者

これらを根拠として専任技術者となることができます。

 

 

 

今回は,②の一定期間の経験者の説明は次回以降に譲るとして、

①の国家資格者に絞って説明します。

この国家資格者が最大限の効果を発揮することは最初に話しました。

ではなぜでしょうか?

 

 

 

それは、国家資格があるということは、国からのお墨付きはもちろんです。

試験に受かるということは、一定の知識があるということが言えます。

それは、当たり前の話とココではしておきましょう。

それでは、それ以外に最大限の効果を発揮する場があるのでしょうか?

「答えはYes。」

 

 

 

どこだと思いますか?

ココでは建設業許可申請でのポイントを書いていますので、

もちろん建設業許可申請と直接関係します。

答えを言いますと、

「専任技術者」としての証明のときに最大限の効果を発揮するのです。

 

 

 

以前に建設業許可申請は「書面主義」と言いました。

申請先の役所では、許可要件のすべてを書面で証明する必要があるということ。

だから、書面主義なんです。

この書面主義と専任技術者が密接に関係しています。

どういうことか? 

 

 

 

国家資格者の場合、つまり「資格」がある場合

「合格証の提示と写しの提出」

たったこれだけでいいんです!

もちろん資格の種類によっては、経験を求められるものはありますが。

基本的には、合格証の提示と写しの提出だけ。

 

 

 

このことは、申請の準備をするうえで建設業者様の負担は格段に違います。

先のときに出てきた、②のその業種の一定の経験者との比較でも負担は違います。

ですので、建設業許可申請をたとえ現在ではなくて将来にでも取得する可能性が

たとえ少しでもあるなら、今からでも国家資格の取得は視野に入れることがあとで

大きな力になってくれることでしょう。

もちろん取りたい業種に対応している資格でないと意味がありませんのでこの点ご注意を!

 

 


 

 

■一般建設業許可申請をお考えならスマイル行政書士事務所!

<兵庫県>

神戸市/西宮市/尼崎市/三田市/伊丹市/芦屋市/宝塚市から阪神間

<大阪府>

大阪市/堺市/泉大津市/高槻市/茨木市/から阪神間 

 

■一般建設業許可申請は阪神間最安値のスマイル行政書士事務所

・一般建設業許可申請の弊所の報酬額は¥86,400(税込)で営業中!

・兵庫県/大阪府の証紙代¥90,000

・実費にてその他の必要書類も代行取得

・通常、報酬額と実費負担は¥180,000(税込)までの費用です

 (ケースにより異なる場合があります)

 

「お気軽にご相談ください!TEL:050-3704-0034/時間9:00~22:00」

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

宮っこ行政書士 山中英資

行政書士 山中英資へのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:050-3704-0034
受付時間|年中無休 9:00〜22:00
お問い合わせフォーム
メルマガ購読申込

山中 英資公式facebookページ

カテゴリ